繋いだ手に婚約指輪

postheadericon ペアの指輪

男女がペアでつける指輪には、婚約指輪、結婚指輪、ペアリングと3つに分類されますが、それぞれについて説明します。
まずは、婚約指輪についてです。
婚約指輪は、結婚を約束した男性から、相手の女性へ贈る指輪であり、結納時やプロポーズの際に贈ります。
女性は、左手の薬指につけるのですが、これは、昔、左手の薬指は、心臓に繋がる指だと言われておりまして、そこから、誓いの指とされて、この指につけることになりました。
以前は、男性の給料3ヶ月分と言われていましたが、現在は20万から30万が相場とされていますが、それでも、この中では、婚約指輪が一番、高値になります。
石は、ダイヤモンドが多いのですが、誕生石や相手の好きな宝石を選ばれることもあります。
素材は、日本では、プラチナが人気があります。

次に、結婚指輪についてです。
こちらは、結婚式の指輪交換の際に、新郎新婦が交換する指輪で、婚約指輪と同じ理由で、左手の薬指につけます。
結婚指輪の相場はペアで20万円前後といわれていますが、素材でかなりコストを抑えることも可能です。
日本では、やはり、プラチナが人気がありますが、最近の結婚指輪は、ホワイトゴールドやイエローゴールドも人気があります。
最後にペアリングについてです。
婚約指輪、結婚指輪は、どちらも結婚に関する指輪でしたが、ペアリングについては、結婚に関係なく、カップルでつけられる指輪なので、この中で一番、カジュアルです。
相場もなく、素材も自由でかつ、つける指もどこでも構いません。
ペアリングの場合、結婚指輪ほど、飽きがこないとか、耐久性などを気にする必要がないので、デザインで遊ぶこともできます。

掴んだ手に婚約指輪

postheadericon 婚約指輪の概要

婚約指輪と結婚指輪の違いを知っていますか?婚約指輪とは男性が結婚の約束の証として女性に贈るものであり、一般的にエンゲージリングと呼ばれています。
婚約指輪の宝石として、ダイヤモンドが一般的ですが、最近では真珠や女性の誕生石を選ぶ場合もあります。
男性の給料の数ヶ月分という相場が一般的ではありますが、宝石の大きさや価格にこだわらない場合も置くなってきています。

また結婚指輪は結婚式の際に交換する指輪のことで、マリッジリングと呼ばれます。
結婚後多くの人が日常的にはめたまま生活をするため、プラチナや金等の素材で作られたシンプルなデザインのモノが一般的です。
1本当たりの価格は婚約指輪よりも結婚指輪の方が手ごろなモノとなっています。

新婦の指に婚約指輪

postheadericon デザイン性

婚約指輪や結婚指輪を実際に購入する場合、まずは二人がどんな指輪を望んでいるかということが重要になってきます。
指輪の価格帯や品ぞろえはお店によって様々ですから、時間に余裕があれば実際に二人でお店を下見するのが良いでしょう。
その中で二人の希望にかなうものを見つけられてはいかがでしょうか。

更に最近ではそういった形式にこだわらず、ペアリングで済ませてしまう場合もあります。
ペアリングはその名の通りデザインが同じで対になった指輪のことです。
ペアリングはカジュアルなデザインからシックなモノまで幅広くありますから、結婚指輪の代わりにペアリングをつけても違和感はありません。
どのような形を選ぶかはお二人次第ですから、二人でよく話し合い、どうするか決めてはいかがでしょうか。

カテゴリー
カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031